Tag Archives: コココハイテック

ココピート-ココハイテック
ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材

ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材。通気性、保水性、排水性に優れたエコな土。 ココピートは万能な土壌改良材 ココヤシ(ココナッツ)の実の外殻を加工したもので、20年以上も前から使われていますが、栽培にとても有効な性質を持った素材として注目されています。通気性、保水性、排水性に優れ、土壌改良材としても使われることが多くあります。ですから、バーミキュライトの代わりとしても使うことができます。 ココピートはココヤシが原材料ですから、100%天然です。ですから、燃やして捨てたり土に返すことができます。また、ヤシの殻を使ったものなので、生産もしやすく供給も安定しています。 今回手に入れたココピートは、このココヤシをブロック状に固めてあるもので、水分を加えると戻るタイプのものです。 通常の土は50%が水分なので重く体積が大きいですが、水で2~3倍に戻すタイプであれば小さくて軽くて、運送もとてもしやすいのです。こうしたことから最近では、ココピートがとても注目されているというわけです。 ココピートブロックの戻し方 大きさは、レンガの2倍ほどの大きさで、とても軽いです。 必要な分だけ切ります。 今回は3リットルほど必要だったので、1/3ほどで切りました。 (3リットルの水で復元が8リットルになるとのことだったので) バケツに入れて、水を入れ浸けます。 水がしみこんで数分程度で、ブロックを崩すことができます。 すべて崩すと、土状になります。 とても簡単にココピートが「土」になりました。[...]

ドラゴンフルーツ-ココハイテック
ベトナムの農産物輸出

ベトナムの農産物輸出は世界15位。農産国であるベトナムはカシュ―ナッツ、胡椒の輸出高が世界1位、米・コーヒーは2位で、この他にも花卉類や南国の人気果物、野菜も輸出。一部は既に日本にも入って来ていますがまだ僅か。 昨年、農産物輸出額は402憶ドルに達し、今年政府目標は430ドルを設定していて積極的。しかし国際競争力は決して強いと言えません。 メコンデルタはベトナムの穀倉で果物の生産も盛ん。しかし、一次産品の状態で輸出されるものが多い。資金がなく加工技術も低いため、高収益を得られる商品作りが殆ど行なわれていません。グローバルな視点ではベトナムの農産品は相対的評価と認知度が低い。蜂蜜やジャムなど美味良品があってもバルクで輸出され、相手先ブランドでビン詰めされた商品が販売される実態があります。勿体ない話だが、生産者も分かった上で冒険しないと言うのでは埒が明かない。 先進国への農産物の輸出は農産分野の効果的かつ持続可能な発展を目指す正しい方向であるとしています。ただ、これらの市場を開拓するためには農産物の質を向上させなければなりません。また、農家、生産業者、企業は連携を強化し、食品安全衛生に関する国際基準を満たすような製品を生産すると同時に加工への先進技術の適用を進め、製品の付加価値の向上に力を尽くしてゆく必要があるとしています。 Coco Hitech会社は国内企業駆けて、日本向けの農産物の輸出を行なっている企業です。農産物とココナッツ繊維製品を輸出するという私たちのビジョンは、海外への流通を拡大するとともに、輸入業者がこのユニークな製品を母国の消費者に近づけることで利益を得るのを助けることです。この製品は国際市場で消費者の肯定的な反応を受け取ることが期待されます。 ココナッツ繊維の製品、熱帯果物、農産製品にご興味をお持ちなら、ご連絡ください。 よろしくお願いいたします。 Ms. Duy(日本):+84 907095893 – Line chat: thanhduy2504[...]