Tag Archives: ココハスク

ココピート-ココハイテック
ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材

ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材。通気性、保水性、排水性に優れたエコな土。 ココピートは万能な土壌改良材 ココヤシ(ココナッツ)の実の外殻を加工したもので、20年以上も前から使われていますが、栽培にとても有効な性質を持った素材として注目されています。通気性、保水性、排水性に優れ、土壌改良材としても使われることが多くあります。ですから、バーミキュライトの代わりとしても使うことができます。 ココピートはココヤシが原材料ですから、100%天然です。ですから、燃やして捨てたり土に返すことができます。また、ヤシの殻を使ったものなので、生産もしやすく供給も安定しています。 今回手に入れたココピートは、このココヤシをブロック状に固めてあるもので、水分を加えると戻るタイプのものです。 通常の土は50%が水分なので重く体積が大きいですが、水で2~3倍に戻すタイプであれば小さくて軽くて、運送もとてもしやすいのです。こうしたことから最近では、ココピートがとても注目されているというわけです。 ココピートブロックの戻し方 大きさは、レンガの2倍ほどの大きさで、とても軽いです。 必要な分だけ切ります。 今回は3リットルほど必要だったので、1/3ほどで切りました。 (3リットルの水で復元が8リットルになるとのことだったので) バケツに入れて、水を入れ浸けます。 水がしみこんで数分程度で、ブロックを崩すことができます。 すべて崩すと、土状になります。 とても簡単にココピートが「土」になりました。[...]

ココピート-ココハイテック
ココピートとピートモス

ピートモスとは何ですか。 ピートモスは、コケやその他の生物がピートボグで分解するときに形成される死んだ繊維状の物質です。 ピートモスが形成されるまでには数千年かかり、ピートボグの深さは毎年1ミリメートル未満になります。 プロセスが非常に遅いため、ピートモスは再生可能な資源とは見なされません。 庭師は、主に培養土の土壌改良剤または成分としてピートモスを使用します。 酸性のpHを持っているため、ブルーベリーや椿などの酸を好む植物に最適です。 ココピートとは? ココピートは、ココナッツの殻から作られた天然繊維です。 殻からココナッツ繊維を抽出すると、ココピートと呼ばれるこの副産物が得られます。 ココピートは100%天然の成長培地です。 自然の太陽の下で乾燥させたこのココピートは、さまざまなアイテム、すなわちココピートブロック、ココピートブリケット、ココピートディスクなどを製造するために処理されます。これは、水耕栽培またはコンテナ植物の成長のための優れた成長媒体になります。 クリーンコイアには、天然の発根ホルモンと抗真菌性があります。 ココピートとビートモスは違う点は何ですか? 持続可能性と寿命の点で、ココピートは明らかにミズゴケよりも有利です。 2つの選択肢があり、どちらも植物の成長に同様の利点がありますが、製品としてのピートモスは環境に大きな悪影響を及ぼします。[...]