Tag Archives: ココピート

ココピート-ココハイテック
ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材

ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材。通気性、保水性、排水性に優れたエコな土。 ココピートは万能な土壌改良材 ココヤシ(ココナッツ)の実の外殻を加工したもので、20年以上も前から使われていますが、栽培にとても有効な性質を持った素材として注目されています。通気性、保水性、排水性に優れ、土壌改良材としても使われることが多くあります。ですから、バーミキュライトの代わりとしても使うことができます。 ココピートはココヤシが原材料ですから、100%天然です。ですから、燃やして捨てたり土に返すことができます。また、ヤシの殻を使ったものなので、生産もしやすく供給も安定しています。 今回手に入れたココピートは、このココヤシをブロック状に固めてあるもので、水分を加えると戻るタイプのものです。 通常の土は50%が水分なので重く体積が大きいですが、水で2~3倍に戻すタイプであれば小さくて軽くて、運送もとてもしやすいのです。こうしたことから最近では、ココピートがとても注目されているというわけです。 ココピートブロックの戻し方 大きさは、レンガの2倍ほどの大きさで、とても軽いです。 必要な分だけ切ります。 今回は3リットルほど必要だったので、1/3ほどで切りました。 (3リットルの水で復元が8リットルになるとのことだったので) バケツに入れて、水を入れ浸けます。 水がしみこんで数分程度で、ブロックを崩すことができます。 すべて崩すと、土状になります。 とても簡単にココピートが「土」になりました。[...]

ココナッツ繊維-ココハイテック
コイアマット/ヤシマット単価表よく見ている理由

ベトナムのコイアマット/ヤシマット単価 韓国で使用されるヤシの木マットは100%で、ベトナムからの輸入された物です。古くからベトナムでコイアマット/ヤシマット産業が発達され、主に韓国に供給してきました。ベトナムで人件費や材料が安価であるみるとコイアマット/ヤシマット、コイアロープ/ヤシロープのようなコア製品の製造に他の国に比べて大きな競争力を持っています。 ベトナムのコイアマット/ヤシマット価格は全体的に安くなります。以前にコイアマット/ヤシマット輸出業者が多くなかったが、コイアマット/ヤシマットの需要が継続的に上昇しながらヤシのマットメーカーが多くなりました。メーカーごとに単価と品質がすべて異なります。品質を重視しちょっと高い価格で販売する店があると手頃な価格を狙うメーカーもあります。 コイアマット/ヤシマット単価に含まれる要素 コイアマット/ヤシマット単価に、基本的に材料の値と人件費が含まれています。現在、ベトナム企業がコイアマット/ヤシマット輸出する際、ほとんどCNF条件で進行しています。CNF価格は入港単価です。したがって、一般的にコイアマット/ヤシマット単価にウンイムビも抱合されています。再び整理するとコイアマット/ヤシマット単価は、材料の値、人件費、ウンイムビと国内送料を含んでいます。 単価が安い本物の安いだろない? 輸入業者の立場では、コイアマット/ヤシマット単価が輸入を決定するために非常に重要な要素です。なぜならマージンがほとんど単価にかかっているからです。だから安価なコイアマット/ヤシマット単価を出すことができる企業を好む傾向があります。しかし、コイアマット/ヤシマット単価表調べるとき、必ず注意する必要がない点があります。 コイアマット/ヤシマット品質保証 価格がより安いのに、品質が本当に良いか必ず見てみるべきでしょう。ロープを輸入するPPSの業者の場合には綿糸芯線にされたロープのみ可能です。単価表の通常綿糸芯線について言及した部分がなく、輸出側によく確認されるのがお勧めです。 付帯費用 付帯費用は、輸入業者が港から輸入する際プレゼント側支払う必要がコストです。この費用は、輸出側定められた費用です。しかし、ほとんどの単価表には、コストが書かれていないか、あいまい表示されます。この費用が書かれていない場合ウンイムビが上がるとき、輸出のほうが上がった金額をコスト的に渡すことができます。だから単価表のコイアマット/ヤシマット単価が安くて見えますが、付帯費用まで合わせると、差があまりない場合、またはさらに高価になることがあります。これは輸入側に大きなリスクとなる可能性があります。だから単価表を見よ時必ずこの部分にも気を使う必要があります。 ココハイテックのコイアマット/ヤシマット ココハイテックは品質が良い、ベトナムコイアマット/ヤシマットサプライヤーです。 2020年から韓国市場に進出して1年の間に多くの韓国企業と取引する機会を得ました。現在ココハイテクの輸出量は月に約30のコンテナになります。 コイアマット/ヤシマット、ココナッツ繊維の製品、熱帯果物、農産製品にご興味をお持ちなら、ご連絡ください。[...]

ココピート-ココハイテック
ココピートとピートモス

ピートモスとは何ですか。 ピートモスは、コケやその他の生物がピートボグで分解するときに形成される死んだ繊維状の物質です。 ピートモスが形成されるまでには数千年かかり、ピートボグの深さは毎年1ミリメートル未満になります。 プロセスが非常に遅いため、ピートモスは再生可能な資源とは見なされません。 庭師は、主に培養土の土壌改良剤または成分としてピートモスを使用します。 酸性のpHを持っているため、ブルーベリーや椿などの酸を好む植物に最適です。 ココピートとは? ココピートは、ココナッツの殻から作られた天然繊維です。 殻からココナッツ繊維を抽出すると、ココピートと呼ばれるこの副産物が得られます。 ココピートは100%天然の成長培地です。 自然の太陽の下で乾燥させたこのココピートは、さまざまなアイテム、すなわちココピートブロック、ココピートブリケット、ココピートディスクなどを製造するために処理されます。これは、水耕栽培またはコンテナ植物の成長のための優れた成長媒体になります。 クリーンコイアには、天然の発根ホルモンと抗真菌性があります。 ココピートとビートモスは違う点は何ですか? 持続可能性と寿命の点で、ココピートは明らかにミズゴケよりも有利です。 2つの選択肢があり、どちらも植物の成長に同様の利点がありますが、製品としてのピートモスは環境に大きな悪影響を及ぼします。[...]

ココピート-ココハイテック
ココピートとは?

ココピートとは? ココピートとは、ココヤシのハスク(中果皮)を原材料として、0.1〜10mmに粉砕した粒を利用した有機培土です。主な生産国はインドやスリランカで、有機質100%であること、高い保水性であることから、多くの国で使用されています。用途や使用する場所に合わせて形状を変えることができます。 ココピート栽培に適した作物 ココピートは施設園芸で培地として使用されるだけでなく、土壌改良剤として土壌にすき込むなどさまざまな用途で使われています。しかし、どの作物にも同じココピート製品を使用して良いわけではありません。例えば、土壌改良剤にはココヤシの繊維の部分から、粒状のダストの部分までが混在した製品を使用しますが、いちご、トマト、パプリカ、きゅうりなどの養液栽培で培地として使用する場合には、作物に関しては長い繊維や細かい粒(ダスト)の部分は含まれていない製品を使用する必要があります。 ココピートを使用する4つのメリット ココピートを使用するメリットはさまざまですが、特に注目するメリットが4つあります。 使用後の廃棄処分が容易でサステナブル ココピートは100%有機培土のため、畑にすき込んで土壌改良剤として再利用ができます。また、堆肥にして販売している方もいます。 比較的安価 ロックウールと比べ、安価で購入できます。また、廃棄処分に関しても、基本的には無料です。業者に引き取ってもらう場合でも、ロックウールより比較的安価に処分ができます。 2年間は同じ培地を使用できる 培土を補充すれば5年以上、しない場合でも2年間は同じ培地を使用できます。 環境にやさしい ココピートはヤシの生産物の残さを利用しており、環境に配慮した製品です。 ココピートにもデメリットはある[...]